僕の出身は福島県です

旅行とかき氷とカフェとWEBデザインのブログ

サマル島(ダバオ) 国内・海外旅行

サマル島のホテルならパールファームビーチリゾート(Pearl Farm Beach Resort)がおすすめ【Part.2】

更新日:

パールファームビーチリゾートの海

ダバオ滞在記もPart2です。Part1を読んでない方はPart1もぜひご覧くださいね!Part1ではダバオ(サマル島)のおすすめポイントとか、ダバオ国際空港からサマル島に移動する方法を中心に紹介しています。

Part2では僕が宿泊したパールファームリゾートホテルについて紹介していきます。

  • ダバオ付近でホテルをお探しの方
  • サマル島のホテルで悩んでいる方
  • パールファームをもっと知りたい方
  • おすすめのホテルを教えて欲しい方

そのようなことでお悩みでしたら、まずはこの記事を読んでパールファームの魅力を知ってくださいね!

スポンサーリンク

空港からの無料送迎付き(フェリーも)

サマル島は離島なので、フェリー移動が必要になります。ダバオ国際空港からの移動を心配される方も多いですが、パールファームリゾートホテルでは空港からの送迎が無料で付いています。

空港からフェリー乗り場の車の手配、フェリー乗り場からホテルまでの船の手配は全てホテルで行ってくれます。現地語がわからない、英語が苦手という方も安心です。

パールファームビーチリゾートの専用フェリー

念のために、飛行機の到着時刻フェリーの希望時間はメールで伝えておくといいでしょう。ちなみにフェリーは1日に10時半、14時の2便しかないのでご注意を!

ダバオ国際空港には特設窓口が設けられているので、困ったことがあったら相談しましょう。目立つ場所にあるのですぐわかると思いますよ。

パールファームビーチリゾートの専用デスク

ダバオ国際空港からホテルまでの移動時間は車15分、船40分の合計1時間ちょっとです。船酔いする方は酔い止めを準備しておきましょうね。

ホテルに到着すると...

パールファームビーチリゾートのおもてなし

民族楽器?で迎えてくれます。あとはウェルカムドリンク↓↓

ウェルカムドリンク

パパイヤジュース!!移動の疲れが一瞬で癒されました。

パールファームはめちゃ広い(離島あり)

10時半の船の場合ホテルに到着すのが11時過ぎです。そのため、チェックインがまだできません...。アーリーチェックイン(12:00〜)も可能みたいですが、僕はチェックイン時間の14:00までホテル内を探索することにしました。

写真をたくさん撮ってきましたのでホテルの魅力を思う存分感じてくださいね!

ヤシの木と海

まず、パールファームリゾートホテル...こんなに広いです↓↓

パールファームビーチリゾートの全体地図

上に見える部分はサマル島の陸側で、下に見えるのが離島です。

もちろん!離島側の海の透明度はヤバイです!離島にはボートで移動することができて、好きなタイミングでスタッフに声をかければ無料で送迎してくれます。確か〜16:00までしか送迎はしていないのでご注意を!(離島の魅力は次の記事でたっぷり紹介します!)

娯楽スペースが充実

パールファームは娯楽スペースが充実してます。まずは、プール↓↓

滞在ホテルのプール

全部で2箇所にあります。こっち↓(上の地図でいう右側)のプールは比較的空いてます。

滞在ホテルのプール

今流行り?のナイトプールも可能です↓↓

ナイトプール

こちら↓↓はバスケット、テニス場です。写真は撮っていまっせんが、バトミントン場やテーブルテニス場も完備してます。

ホテル専用のテニスコート

ビリヤードやテーブルホッケー場もありました。お酒を飲みながら楽しめます。

ビリヤード台とダーツ

他にもウィンタースポーツも充実してて、バナナボートやシュノーケリング、ジェットスキーなど思う存分遊べます。

小さいですけど売店もありました。日焼け止めや水着などを販売してます。食料や飲み物は販売してません。

お土産屋さん

客室タイプは全部で5種類

パールファームの客室タイプは全部で5種類あります。

  1. ルーム (Hilltop)
  2. ハウス (Mandaya)
  3. ハウス (Samal)
  4. スイート (Samal with 1 Pullout bed)
  5. ヴィラ 3 ベッドルーム (Malipano)

僕の予想では下に行けば行くだけ料金高くなります。客室タイプによってエリアが異なります。離島に宿泊するには5のヴィラ 3 ベッドルームの予約が必要ですが結構な値段すると思います..。

ホテルの全体マップ説明

ルーム (Hilltop)の外観以外は撮影したので客室タイプの特徴、料金を写真と共にを紹介しますね。

料金は2017年8月時点のものを参考に掲載しています。料金の変更(レートの変動)があるかもしれませんのでご自身で確認お願い致します。大型連休(GW、お盆、年末年始)などは料金が上がっている可能性がありますのでご注意を!

ルーム (Hilltop)*写真なし

Hilltopは海から一番遠いエリアに位置しています。上記の地図の1番の位置です。定員は3名までで客室の周りは自然で囲まれています。一部の部屋にはオーシャンビューバルコニーが付いているので、運が良ければ海を眺めながらのんびりできるかもしれません。

料金 18,960円/一泊
距離 海:遠い
フロント:少し遠い
レストラン:少し遠い

ハウス (Mandaya)

Mandayaの外観

Mandayaは写真の2番の位置にあります。海までは50mくらいで着きますし、一部オーシャンビューになっています。目の前にはプールがあるので、水着のままプールで遊べるのも特徴です。メインエリアから距離があるので、夜はかなり静かです。

ちなみに僕はこの客室タイプに宿泊しました。室内の写真は後ほど紹介しますね!

料金 22,439円/一泊
距離 海:近い
フロント:遠い
レストラン:遠い

ハウス (Samal)

Samalの外観

Samalの特徴はフロント、レストランからの距離が一番近く目の前が海ということです。地図で言うと3番の位置です。Mandayaタイプと値段がほとんど変わらないので、Samalにした方が楽しめると思います。

料金 24,178円/一泊
距離 海:目の前
フロント:近い
レストラン:近い

スイート (Samal with 1 Pullout bed)

Samal with 1 Pullout bedの外観

スイートは目の前が海で部屋から直接海に入れたりプライベートビーチチェアーハンモックなどが充実しています。地図の4番に位置します。中には入ってませんが、部屋一面が窓になってて、海が一望できる造りになっているようです。値段は...スイートだけあって高いですね。

料金 42,094円/一泊
距離 海:目の前
フロント:近い
レストラン:近い

ヴィラ 3 ベッドルーム (Malipano)

Malipanoの外観

パールファームの最上級の客室がMalipano。地図の5番の位置です。値段はバカ高いですけど、海は目の前ですし広々とした部屋を贅沢に使用できるので絶対満足するはずです。そして、海の透明度はサマル島よりも遥かに綺麗です。レストランやフロントまではいちいちフェリーを使わなければいけないので、その点は不便かもしれませんね。

料金 87,319円/一泊
距離 海:目の前
フロント:遠い(船移動必要)
レストラン:遠い(船移動必要)

電話一本でシャトル送迎

これだけ広いと移動も大変ですよね。でもパールファームでは電話一本でシャトルが迎えに来てくれるんです。

シャトル送迎

僕の宿泊したMandayaゾーンはレストランに行くために約300mmくらい歩かなければいけません...。南国の暑さの中の300mmはかなり辛いんです。

滞在中はこのカートに何度もお世話になりました。嫌な顔一つせず送迎してくれたスタッフの方には感謝ですね!ちなみに水着のまま乗っても大丈夫です。

宿泊したMandayaの室内を公開

島の探索をしてたらあっという間に、14:00になったのでチェックインしました。

総合受付はこちら↓↓

ホテルの総合受付

船を降りてすぐ正面にあります。

パールファームのロゴ

ロゴもかっこいい。さすが五つ星高級ホテル!ちなみにこのホテルはどのレビューサイトを見ても高評価をつけられてます。確かに非の打ち所がないホテルでした。

チェックイン後は早速部屋に向かいました。もちろん先ほど紹介したカートを利用して(笑)。宿泊したMandayaの外観はこちら↓↓

Mandayaの外観

これ一棟が僕のもの←違う。

Mandayaの内観

室内はモダンな感じ?で落ち着いた空間でした。奥に見えるのがベランダです。

Mandayaの内観

ベランダも広々使えます。ソファークッションがあったり、

Mandayaのベランダ

テーブルが置いてあったりとかなり贅沢です。

Mandaya前の椅子と机

洗面台の奥には謎の空間が...。石がひいてあって、裸足では出れませんでした..。

Mandayaの中庭

できれば、ワングレードあげて海が目の前の部屋(Samal)にしたかったのですが、人気のホテルのため空席がなく...。でも、実際に宿泊してみるとMandayaも悪くありませんでしたよ。

朝食・ディナービュッフェ付きだった

僕のプランだけかもしれませんが、朝食とディナービュッフェ付きでした。そのため、3泊4日の滞在で諭吉一枚のお小遣いですみました(笑)。かなりローコストですね。

僕の予想では、朝食は基本付いていてディナーは週末(金土日)だけ付くのだと思います。予想ですが...。僕は本当にタイミングがよかった。

パールファームの食事

リゾートホテルの宿泊でネックになるのが食事代なんですけど、最初からビュッフェが付いているとローコストだから嬉しいですね(ホテル代に含まれている可能性はありますがお得感は味わえますww)。

パールファームの食事

ビュッフェの内容は写真の通り充実してて、日によってメニューが変わります。東南アジアの料理が苦手な人でもピザやパン、果物が充実しているのでご安心を!

あと、嬉しかったのがディナーの最中に必ず歌い手さんの歌の披露プロの楽器の演奏があったことです。生の歌声、生の演奏をBGMに食事できるのは本当に心地良いですね。

最終日の夜には、ファイヤーダンサーのパフォーマンスがあって最高の思い出になりました。

ファイヤーアクション

パールファームリゾートホテルの基本情報

ホテル名 Pearl Farm Beach Resort
住所 Kaputian, Island Garden City of Samal Samal Davao del Norte
送迎 無料送迎サービスあり
朝食 ビッフェ(プランによる?)
Wi-Fi 公共スペースのみ完備
時間 チェックイン:14時
チェックアウト:12時
URL パールファームリゾートホテル
今まで滞在したホテルの中でもトップクラスですね。スタッフの対応や設備、そしておもてなし...。さすが五つ星ホテルだけあります。

部屋には無線LAN(wi-fi)がない...

パールファームリゾートの唯一の欠点と言っていいでしょう。部屋でインターネットができません..。無線LANは公共エリア(フロント・レストラン)のみしか付いていません。つまり、公共エリアでしかインターネットが利用できないのです。これは結構辛かったですね...。

パールファームのレストラン

僕はインターネットが部屋では利用できないと言う情報を事前に知っていたので、イモトのWiFiをレンタルしていきました。確か1日700円程度だったと思います。

最初スタッフの方に聞いたところ、一応電波はあるものの利用できるかは現地の電波状況や環境によると脅かされたのですが、問題なく使用できました。時々繋がりにくかったけど(笑)。こちらは自己責任でお願いします。

-サマル島(ダバオ), 国内・海外旅行

Copyright© 僕の出身は福島県です , 2018 All Rights Reserved.