僕の出身は福島県です

旅行、かき氷好きWEBデザイナーのブログ

フーコック島 国内・海外旅行

フーコック島でホテルならシェルリゾートがおすすめ!フーコック島滞在記【Part.1】

更新日:

フーコック島のヤシの木と海

 

ベトナムの秘境と言われているフーコック島に行った時の話です。フーコック島ってどこ?と言う方は以下の基本編をご覧ください。

 

 

GWを利用してベトナムのフーコック島に行ってきましたよ。GWだから高いんじゃ?と感じているあなた...そうです!GWの旅行は高いです。

 

GWでもできる限り予算を抑えたい方はHISがいいよ!

 

ただ、GWのわりにはかなり費用を抑えて旅行することができました。日本ではまだまだ知名度がない島だったのと、エイチ・アイ・エスをうまく利用して旅探しができたので、恐らく皆さんが想像している金額よりもだいぶ安く旅行できたのかな?と思ってます。旅行代金は伏せておきますね(笑)。

 

さてさて、僕の思い出と共にフーコック島の魅力をお伝えしていきますよ。

 

スポンサーリンク

 

成田空港からタンソンニャット国際空港へ

 

タンソンニャット空港ってどこ?って人も多いと思います。タンソンニャット空港はホーチミンにある国際空港です。

 

成田空港を出発したのが19時頃で到着したのが現地時間の23時前後でした。30分くらい早い到着だったらしいです。ちなみにホーチミンと東京の時差は-2時間前後なので日本時間の午前1時に到着したことになります。約6時間のフライトでクタクタでした。乗ったのがこのベトナム航空 。

 

ベトナム航空の飛行機

 

周りのお客さんの半分はベトナム人でしたが、親切な方ばかりで機内は快適でした。前の席の方のおならが強烈に臭かったこと以外は不満はありませんね(笑)。

 

機内食はまあまあでした。洋食と日本食から選べて今回は洋食をチョイスしました。

 

 

タンソンニャット国際空港で7時間待ち

 

現地時間の23時前後に到着したのですが、フライトの関係でフーコック島行きの便まで7時間近い待ち時間がありました。ちなみに出発時刻は早朝6時。空港内にあるお店もほとんど閉まっているため、空港で待ちぼうけしてました。今回の旅で一番辛かった時間でしたね。

 

7時間の待ち時間はなかなかしんどいです

 

イモトのWi-FiなどWi-Fi機器をレンタルしておけばブログの記事を書いたり、ネットサーフィンできたのに...と後になって後悔しましたね。

 

 

暇だったので空港の周りをちょっと探検してみました。23時なのに空港の周りは結構人がいました。

 

タンソンニャット国際空港

 

空港の周りにはマクドナルドやバーガーキングがあって、食べ物には困らなそうでしたね。

 

タンソンニャット国際空港からの景色

 

深夜の時間ということもあり、さすがに仮眠を取りたいなと空港ラウンジを探すも国際線の中にしか無いみたいで、国内線ビルの3階の空きスペースで寝ました。寝心地は最悪でしたね(笑)。

 

また、ちょうどこの時間帯にホーチミン市内は雷雨に見舞われていて、これから旅行が始まるというのに大丈夫か?と不安に襲われていました。

 

タンソンニャット国際空港の売店

 

早朝5時に国内線のゲート内で食べたサンドイッチは美味しかったです。

 

フーコック空港へ到着

 

タンソンニャット空港から国内線で1時間。無事にフーコック空港に到着しました。機内ではずっと寝てました。ほとんど記憶がありません。

 

フーコック空港荷物受取場

 

フーコック国際空港は2012年にできたばかりで、かなり新しい空港でしたね。よく東南アジアの空港で経験する小汚さは全く感じませんでしたね。フーコック国際空港を出ると、そこには.....

 

フーコック空港からの景色

 

山が!ネットで調べた情報の通り、何も無い(笑)。

 

地元の福島空港と同じくらい田舎でした。

 

そして、フーコック空港はご覧の通り新しい!逆光で見辛いですが...。

 

フーコック空港の外観

 

フーコック空港からホテルへ移動

 

フーコック空港の前にはタクシーがたくさん止まってました。運転手さんたちは暇そうにしてますね。

 

駐車場のタクシー

 

でも、ごめんなさい。今回はお迎えに来てくれてるんですよ!じゃじゃん↓↓

 

シェルリゾートの送迎バス

 

宿泊するホテルのサービスで無料送迎がついてるんです。海外でタクシー移動って結構不安が多いじゃないですか?こういうサービスがあると海外旅行初心者の方でも安心できますね。

 

今回、宿泊したホテルがThe Shells Resort &Spa Phu Quocというホテルです。このホテルの魅力については後ほど紹介しますね。

 

ホテルの場所はフーコック空港より車で20分〜25分程度の場所でした。フーコック島の真ん中よりもやや北側に位置する場所にあります。同じホテルに宿泊予定の日本人のカップル?の方も一緒でした。さっそく日本人に遭遇するなんて!と内心喜んでたんですが、人見知りが発動して話しかけられず...。

 

送迎の運転手は英語を話せないのか、ずっと無言でした。そんなもんなんですかね?運転がかなり荒くてずっとクラクション鳴らしてる印象だけが残りました。日本であんなにクラクション鳴らしてたら迷惑行為ってくらいプッププップ鳴らしてました。

 

ホテルに向かう間はフーコックの景色を観て楽しんでました。

 

フーコック島の道路

 

この何にも無い感じ。福島を思い出しますね。

 

フーコック島にあった銅像

 

石像屋さんですかね?かなりクオリティの高い石像たちがずらっと並んでました。何に使うのかは不明です。

 

フーコック島の建物

 

そして、東南アジアでよく見る派手な看板のお店。何のお店かは不明ですが、こんな建物がたくさんありました。やっぱり異国に行くと、街並みや景色を眺めているだけであきませんね。海外旅行って楽しい!

 

シェルリゾートフーコックホテルに到着

 

フーコック国際空港から約25分程度でホテルに到着しました。じゃじゃん↓↓↓↓

 

シェルリゾートアンドスパ フーコック

 

The Shells Resort and Spa Phu Quoc(シェルリゾートアンドスパ フーコック)の名前の通り巨大な貝がシェルリゾートの象徴となってます。ちなみにメインの建物の形も貝の形をしていて、かなりおしゃれ&ゴージャスなホテルでしたね。

 

受付はこちら↓↓↓

 

シェルリゾートの受付デスク

 

Apple信者としては受付に置いてあるPCがhpではなくAppleだったらもっと最高なのにと心の中で思ってました。ウェルカムドリンクをもらいました。トロピカルジュースと言っていましたが桃の味しかしませんでしたね。

 

シェルリゾートのウェルカムドリンク

 

到着時間が午前7時半前後だったので、すぐにはチェックインできず....。チェックイン時刻までプールとプライベートビーチに行って遊んでました。受付の入った建物からプライベートビーチが隣接したメインの建物まで距離があるので(敷地がかなり広い)、カートで送ってもらいました。

 

シェルリゾート内のカート

 

これがまた、風が当たって気持ちいんですよね。このカートは敷地内の移動に使うことができて、電話一本で迎えに来てくれます。かなりのビック待遇ですね。

 

そしてメインの建物がこれ↓↓↓

 

シェルリゾートのメイン外観

 

写真だと良さが伝わりませんね...。

 

シェルリゾートのメインプール

 

プールは深さ130cmなので日本人でも安心です。子供は浮き輪の着用を忘れずに。プールの清掃もかなりしっかりしていて、ゴミが浮いているとかは一切ありませんでしたね。

 

遊び疲れた時に、プールバーでお酒を頼んだり、シェイクを飲んだりできます。22時まで営業しているので夜遅くまで遊べますね。

 

シェルリゾートのサブプール

 

違う角度からどうぞ。南国感が出てて素晴らしいですね。もっと快晴だったらよかったんですけどね。

 

シェルリゾートアンドスパ フーコックの外観

 

ホテルの目の前は一面が芝生。しかもお手入れもバッチリ。ここにタオルを敷いて寝っ転がっている外人の方もいました。そしてプライベートビーチ↓↓↓

 

シェルリゾートアンドスパ フーコックの外観と空

 

曇り空が残念...。曇ってなかったら最高だったのに..

 

砂浜は僕が旅行したビーチの中でもかなり綺麗な方でしたね。写真は子供がはしゃぎ回った後なので凸凹で見栄え悪いけど...(笑)。そしてそして、肝心の海は...

 

シェルリゾートのプライベートビーチ

 

前日の大雨の影響で少し濁ってました。でも日本の湘南とかよりは全然綺麗です。僕が旅行したビーチリゾートの中では4番目くらいの綺麗さだったかな。

 

  1. マニャガハ島(サイパン)
  2. ピピ島(タイ)
  3. バリ島(インドネシア)
  4. フーコック島(ベトナム)

 

 

あ、フーコックにはサオビーチという有名なビーチがあって、かなりおすすめですよ。後ほど紹介しますね。滞在期間中はこの鳥かごが大活躍!

 

シェルリゾートの休憩スペース

 

水着でも入れて、日陰になるのでかなり快適です。シェイクとか注文すると、ここまで運んで来てくれます。夕方くらいになるとこの鳥かごの取り合いが始まるので、その前にしっかり陣取っておきましょう。

 

宿泊したのがプールサイドヴィラ

 

チェックイン時間になったのでフロントに戻り宿泊の手続きをしました。今回宿泊したのがこの部屋↓↓↓

 

シェルリゾートヴィラ外観

 

木や植物に囲まれて頭の部分しか撮れませんでした...。僕が宿泊したヴィラとは別のヴィラですが参考までに全体像を載せておきますね。

 

シェルリゾート客室外観

 

これ一棟が丸々僕のものです。一棟を丸々使い放題なので、騒いだりしても隣の部屋に迷惑をかける心配もありません。室内はこんな感じです。まずはベット。寝心地最高でした!

 

シェルリゾート客室室内(ベット)

 

そしてお風呂。かなり開放的なお風呂でした。

 

シェルリゾート客室(お風呂)

 

ヴィラから見える景色はこんな感じです。

 

シェルリゾート客室からの景色

 

歩いてすぐの場所にプールがあるので、部屋で水着に着替えてそのままプールに行くことができます。ヴィラの前にはこのような椅子と机が置いてあるので、ここでビールを飲みながらゆっくりすることもできます。

 

シェルリゾート客室の椅子

 

ちなみにシェルリゾートは朝食も豪華です。僕のプランではこんなに豪華なビッフェが無料でついてました。

 

シェルリゾートの食事

 

実はシーフードが苦手...とういうか東南アジアの食事は基本的にお腹を壊してしまうので、洋食があると本当に助かりますね。

 

シェルリゾートのデザート

 

個人的にはこのクッキーがめちゃめちゃおすすめですね(笑)。

 

シェルリゾートは期待外れというレビュー記事を見つけて、最初は不安がありましたけど、全然期待外れじゃありませんでした。何よりも接客や徹底したサービスは素晴らしかったですね。またフーコック旅行に来ることがあれば、またシェルリゾートをリピートしますね。

 

シェルリゾート&スパ フーコックの基本情報

 

シェルリゾートの基本情報を載せておきますね。

 

ホテル名 The Shells Resort and Spa Phu Quoc
住所 Ganh Gio Beach, tt. Dương Đông, Tp. Phú Quốc, tỉnh Kiên Giang
送迎 無料送迎サービスあり
朝食 ビッフェ(プランによる?)
Wi-Fi 施設内Wi-Fi(インターネット)完備
時間 チェックイン:14時
チェックアウト:12時
URL The Shells Resort Spa Phu Quoc

 

ちょっと長くなってしまったので、Part.2に続きます。Part.2ではコンビニ、スーパーを探しに出た話をします。

 

 

-フーコック島, 国内・海外旅行

Copyright© 僕の出身は福島県です , 2018 All Rights Reserved.