僕の出身は福島県です

旅行、かき氷好きWEBデザイナーのブログ

国内・海外旅行 鬼怒川温泉

鬼怒川温泉なら七重八重(静寂とまごころの宿)がおすすめ【宿泊地編】

更新日:

七重八重(静寂とまごころの宿)の外観

 

鬼怒川温泉ブログ大使(嘘ですw)のしゅがーです。こんちにわ。

 

鬼怒川温泉に関する記事はこの記事で3記事目になりました。東京から鬼怒川温泉への移動方法を紹介した記事と、鬼怒川温泉付近の観光スポットをご紹介した記事を書きました。そして今回は僕が宿泊した宿についてお話しします。

 

今回は東武トップツアーズ東武鉄道(浅草〜鬼怒川温泉)+宿の抱き合わせプランをうまく利用してかなりお得な旅をすることができました。宿泊した宿はさまざまな旅行サイトで高評価をつけられている静寂とまごころの宿 七重八重という宿だったのですが、結論を言うと最高でした。各旅行サイトで高評価を受けていることが納得できる満足度でしたね。

 

 

スポンサーリンク

 

静寂とまごころの宿七重八重の基本情報

 

写真付きレビューの前に静寂とまごころの宿 七重八重の基本情報をご紹介します。

 

七重八重(静寂とまごころの宿)の看板

 

宿名 静寂とまごころの宿 七重八重
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060
行き方
  • 電車:鬼怒川温泉駅から徒歩5分
  • 車:今市I.Cから約15km
温泉
  • 大浴場
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
泉質・効能
  • 泉質:アルカリ性単純温泉
  • 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・うちみ・冷え性・慢性消化器病など

 

七重八重と言う宿名の由来はとても興味深いもので、皆さんにも紹介したかったのですが、結構長くなるので気になる方は公式ホームページをご覧ください。公式ホームページで紹介している通り、「人の心に伝わる精一杯のまごころを大切に」をテーマに七重八重の逸話の心を忘れないように館名にしているようですね。

 

 

七重八重の外観・内観

 

素人がiPhoneで撮影した写真なので、良さがあまり伝わらないのが残念ですが、七重八重の外観・内観を紹介していきます。ベージュ色(黄色っぽい)の壁が特徴的で、大通りからでもすぐに見つけられると思います。

 

七重八重(静寂とまごころの宿)の外観

 

鬼怒川温泉は古い宿が多いですが、七重八重はご覧の通り改装して間もないのか新しく見えます。

 

七重八重(静寂とまごころの宿)の外観

 

玄関の山吹色の暖簾が印象的でした。

 

七重八重(静寂とまごころの宿)の正面玄関

 

「見どころは日光、まごころは七重八重」

 

なんだかホッコリしますよね。「人の心に伝わる精一杯のまごころを大切に」というテーマにぴったりな暖簾だと思います。宿の中に入るとすぐに受付がありました。

 

七重八重のフロント

 

受付の方の素敵な笑顔で迎えられました。

 

待合室にあった廬

 

待合場所には囲炉裏がありました。エアコンの暖房とはまた違った良さがあって、心も暖かい気持ちになりました。

 

七重八重の客室

 

僕が今回宿泊したのが一番スタンダードなお部屋で川沿いの和室です。

 

七重八重の客室

 

客室露天風呂付きのお部屋や、特別室など少しグレードが高い部屋もあったのですが、予算の関係でスタンダードなお部屋になりました(笑)。スタンダードと言っても、とても快適ですし何も不満はありませんけどね。特に窓からみたこの眺めは本当に最高です。

 

客室からの鬼怒川

 

鬼怒川がすぐそこにみえます。秋の紅葉冬の雪景色など時期をずらしてまた来たいと思えるほどの絶景でした。おもてなしのお菓子も美味しく頂きました。

 

おもてなしのお菓子

 

冷えた体にはこれですね。お湯もあるのですぐにお茶を入れることもできます。

 

お茶

 

違う角度からの写真はこちら。川に面している壁は全て窓ガラスで覆われています。

 

広々した客室

 

奥にはちょっとしたスペースがありました。

 

喫煙休憩スペース

 

僕は非喫煙者ですが、灰皿もあるので部屋の中での喫煙も大丈夫みたいですよ。

 

高価そうなつぼ

 

高価そうなツボも記念にパシャり。お子さんがいらっしゃる方は割らないようにご注意を!(笑)。

 

七重八重の食事

 

食べるのに夢中になりすぎてあまり写真を取れなかったのですが、ご覧の通り↓↓こんなに豪華です。

 

七重八重の食事

 

量が多くてお腹がパンパンになりました。ちなみに温泉の体重計で測ったら+1.5kg増えてました(笑)。食事が足りなくて近くのコンビニでご飯を...なんて心配は一切いりません。

 

七重八重のメインディッシュ

 

特に夕食は、完璧な空腹で臨んだ方がより楽しめると思います。僕の場合、直前に温泉饅頭とか、ジュースとか入れていたのでちょっぴり損した気分になりました(笑)。

 

七重八重のインターネット(Wifi)環境

 

事前の情報(公式サイトのQ&Aページ)では、Wifiは公共スペースのみということで諦めていたんですが、客室でもWi-fi接続が可能になってました。

 

客室の案内

 

これは個人的には非常に嬉しかったですね。パソコンを常に持ち運んでいる方はもちろん、インターネット接続が必要なゲーム端末やタブレットをお持ちの方にとってありがたいサービスですよね。

 

七重八重の温泉

 

残念ながら温泉の写真は撮れませんでした。当たり前ですけど、温泉の中にスマートフォン持って行って写真撮影しまくってたら迷惑行為ですもんね。

 

そのため、温泉の写真は公式ホームページのものをお借りしました。

 

七重八重の温泉

 

かなり綺麗な温泉でびっくりしました。シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなのもかなりいいもの?を取り揃えてて、体と髪の毛を洗うのが普段より楽しかったです。

 

七重八重の露天風呂

 

特に露天風呂は最高でした。合計3回(夕方、夜、朝)入ったのですが、個人的には朝風呂が気持ちよかったです。景色と、鬼怒川の水の音で本当に癒されましたね。

 

七重八重のサービス(その他)

 

七重八重の館内は以下のような構造になっています。4Fが玄関と少し変わった作りになっています。

 

七重八重の館内案内図

 

崖に面して建てられていることを考えると、4Fに玄関があることは納得できますね。七重八重は娯楽も充実しています。

 

七重八重の娯楽スペース

 

  • 麻雀・囲碁・将棋
  • カラオケ
  • クラブ
  • カフェ
  • マッサージ

 

など、外に遊びに行かなくても館内で十分に楽しめると思います。右下に書いてありますが、館内への飲食物の持ち込みは禁止されていますので、ご注意を。

 

七重八重の感想・評価

 

  • 旅館:4/5
  • 食事:4.5/5
  • スタッフ:4.5/5
  • 温泉:4.5/5
  • 立地:4/5
  • 費用:4/5

 

ご覧の通り高評価をつけました。また、利用したいと思える旅館でしたね。あと、これはかなりレアなことらしいのですが、夕食の時間に大女将さんが個室まで足を運んでくれてお話しする機会を頂きました。七重八重を選んでくれたことにお礼や、お食事のこと、温泉のことなど、とても丁寧にお話しされていました。

 

大女将さんのお話しはどれも心に響くものばかりで、短い時間でしたが感動してしまいました。大女将さんにはファンがたくさんいるらしいのですが、僕も一瞬でファンになりました。従業員の方々の対応も非常に丁寧で、しっかりと指導が行き通っている旅館だと感じました。

 

 

まとめ

 

鬼怒川温泉最高!これにつきます。

できれば冬景色、秋の紅葉の時期にもう一度訪れてみたいですね。旅館選びはかなり重要だと思いますので、旅館で迷ったら七重八重に宿泊してみてくださいね!

-国内・海外旅行, 鬼怒川温泉

Copyright© 僕の出身は福島県です , 2018 All Rights Reserved.