僕の出身は福島県です

旅行、かき氷好きWEBデザイナーのブログ

国内・海外旅行 鬼怒川温泉

東京から鬼怒川温泉旅行なら浅草駅発がおすすめ【電車移動編】

更新日:

鬼怒川温泉駅外観

 

趣味は旅行のしゅがー(@5atotaku)です。こんにちわ。

 

人気の温泉地鬼怒川温泉に行って来ましたので、皆さんに鬼怒川温泉の素晴らしさとか、行き方とか、宿泊したホテルのレビューとかを紹介していきたいと思います。かなり長文になることが予想されるので、今回は電車移動編ということで東京から鬼怒川温泉への移動方法などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

鬼怒川温泉の基本情報

 

まず、簡単に鬼怒川温泉のことを紹介しますね。もう知っている&興味がないという方はすっ飛ばしちゃってください。

 

鬼怒川温泉は、栃木県日光市にある温泉で関東だと箱根温泉と並ぶ人気の温泉スポットです。泉質は単純温泉で、弱アルカリの性質なので、お肌にやさしい温泉です。お湯は無色透明、無味無臭です。

 

東武鉄道鬼怒川線の鬼怒川温泉駅~鬼怒川公園駅までの間に鬼怒川を挟んで温泉旅館が並んでいます。

 

鬼怒川と旅館

 

真ん中に流れているのが鬼怒川です。写真が下手くそで全然鬼怒川の良さが伝えられていませんが、とても素晴らしい場所なんです。なんと、温泉が発見されたのは江戸時代と、かなり歴史のある温泉地なのです。

 

周辺には日光江戸村日光東照宮東武ワールドスクエアなどの人気スポットが多いので観光にも最適な温泉地と言えます。

 

浅草駅から鬼怒川温泉まで特急で2時間

 

鬼怒川温泉まで浅草から約2時間でいけます。恐らくどの移動手段よりもこの方法が一番早くて楽チンです。僕は今回東武トップツアーズという特急券付き+宿泊プランでかなりお得な旅をしました。豪華な特典もついてておすすめですよ!

 

朝10時半。浅草駅に到着しました。この時間なのに観光客で賑わってました。

 

浅草駅

 

今回乗る電車は全席指定の特急電車リバティ会津という電車です。

 

浅草駅の電光掲示板

 

そうです。浅草から地元福島県の会津まで1本で行けるということを知って少し感動しました。電車も普通の電車とは違って、なんだか強そうです。

 

全席指定の特急電車リバティ会津

 

電車と新幹線の間くらいの立ち位置になるんですかね?小田急線でいうロマンスカーみたいなもんでしょうか。僕が大好きなアメコミ映画アイアンマンみたいでかっこいいですね!

 

リバティ会津号の行き先掲示板

 

電車の横の電光掲示見て「あ、会津田島...懐かしい地名だ...」と少し故郷が恋しくなりましたね(笑)。指定席で必ず座れますし、新幹線のようにスペースも確保されているのでかなり快適でした。ほぼ爆睡してましたけどね。

 

遅延することなく定刻通りに鬼怒川温泉駅に到着しました。

 

鬼怒川温泉駅外観

 

和な感じがいいですね。日光市内の駅は観光業で儲かっているからか新しい駅が多かった気がしますね。鬼怒川温泉駅前はこんな感じでした。

 

山!!

 

鬼怒川温泉駅前の景色

 

駅に前にはこんなスナックや

 

スナックみどり

 

何だか怪しい(怪しいと言ったら失礼ですよね...)射的屋さん

 

鬼怒川で見つけた射的

 

が、ありました。噂には聞いていましたが鬼怒川温泉は寂れた街になりつつあるようですね...。あとで書きますけど温泉は本当に素晴らしいのでご安心を!

 

東京から鬼怒川温泉への行き方まとめ

 

東京から鬼怒川温泉へ行く方法は大きく分けると3つあります。徒歩とか、自転車とかもありますけど現実的な方法のみ紹介します(笑)。

 

移動手段その1:自動車

 

自家用車レンタカーを借りて車で移動するという手段があります。自動車で鬼怒川温泉を目指した場合の所要時間などをまとめてみました。

 

所要時間 約3時間
料金 高速代:約4,000円〜
レンタカー代:約15,000円〜(2日の場合)
メリット
  • 現地の移動がらく
  • 人数が多ければ安くなる
  • 重い荷物を持たなくて済む

 

車を使った場合、現地での移動が非常に楽です。鬼怒川は結構田舎なので電車の本数がかなり少ないです。1時間に1本程度なので、ちょうどいい時間を逃してしまうと駅で待ちぼうけということもあります。観光地が駅から離れていることもあるので、車があると非常に楽でしょうね。

 

少し金額は高くなってしまいますが、色んな観光地をまわりたいという方はおすすめです。格安レンターカー検索サイトで最安料金のレンタカーを探すこともできるので気になる方は値段だけでもチェックしてみてくださいね!

 

移動手段その2:電車

 

一番メジャーな方法が電車で移動するという方法です。

 

所要時間 約2時間〜(浅草発)
料金 特急:2,890円(片道)
快速:1,550円(片道)
メリット
  • 最短で到着する
  • 雪が降っても安全
  • 旅館とセットでお得

 

電車の最大のメリットは旅館とのセット料金でかなりお得に旅行を楽しめるという点です。鬼怒川温泉に強い東武トップツアーズ(※今回僕が利用した)やじゃらんなど、電車+宿のパック料金でかなり費用を抑えて旅行が可能です。

 

電車と宿泊先を別々でとるよりも1万円〜2万円安くなるケースもありますし、各旅行会社限定のプランなどで特典が受けれたりもするのでおすすめです。

 

 

移動手段その3:バス

 

料金を抑えたいならバス移動がおすすめです。

 

所要時間 約3時間半(東京発)
料金 2,500円(片道)
メリット
  • 一番安い移動手段
  • ゆっくり旅したい方にぴったり
  • 乗り換えがない

 

バスも電車同様、旅館とのセット料金でお得に旅行が可能です。日帰りバスツアーなどを提供している旅行会社もあったので、土日でふら〜っと温泉に入りたいという方はぜひ。移動時間が長いので、時間を有効にという方はやっぱり電車が一番でしょうね。

 

まとめ

 

鬼怒川温泉は東京から2時間とかなりアクセスがいいです。日帰り温泉のツアーなどもあるので、弾丸旅行もありだと思いますよ!電車移動編はこの辺で。おすすめ観光地や僕が宿泊した宿のレビューもお楽しみに!

 

-国内・海外旅行, 鬼怒川温泉

Copyright© 僕の出身は福島県です , 2018 All Rights Reserved.