僕の出身は福島県です

旅行、かき氷好きWEBデザイナーのブログ

注文住宅で家を建てる

家を建てるには業者選びが重要!注文住宅ならどこのハウスメーカーに頼む?

更新日:

家を建てるには業者選びが重要!注文住宅ならどこのハウスメーカーに頼む?

 

家を建てる際にはハウスメーカや工務店、建築事務所などに依頼をして建築してもらう形になります。自分で家を建てない限り、普通は業者を選んで家を建てるのが普通です。業者は全国に何千、何万と存在します。名の通った有名ハウスメーカーや地元密着型の工務店まで幅広いです。

 

 

その数ある業者の中から1社に絞るわけですから大変です。実はこの業者選びがあなたの家づくりの鍵を握ると言っても過言ではありません。「もう業者が決まっている」という方も、業者選びのコツを紹介しますので一読くださいね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、家を建てるには業者選びが重要なの?

なぜ、家を建てるには業者選びが重要なの?

 

なぜ、業者選びが重要なのでしょう?理由はさまざまで、例をあげると…

  • 業者によって建築費用に差が出る
  • 業者によって保証内容が違う
  • 業者によって得意、不得意がある
  • 住宅のデザインや外観がさまざま

 

など、選ぶハウスメーカーや工務店によって費用や特徴がさまざまなのです。1番はあたなの理想の家が適切な金額で建つのか?という点です。それが実現できるか否かは、業者選びにかかっています。

 

例えば、大手ハウスメーカーに任せれば安心か?という話です。確かに大手という安心感はありますし、詐欺被害に遭うリスクも低いでしょう。しかし、思ったよりも建築費用が嵩んだり、気に入ったデザイン、間取りにならなかったりします。

 

 
先述した通り、業者には得意・不得意がありますので、あなたの理想とするデザインや間取りを苦手とする業者にあたってしまった場合、余計な費用が取られ、しかも、気に入らないデザインの家が出来上がってしまうケースも十分に考えられるのです。
 

つまり、あなたの家づくりが成功するか否かはこの業者選びにかかっているということなのです。

 

業者の選び方で失敗する人の特徴

業者の選び方で失敗する人の特徴

 

ハウスメーカーや工務店に失敗してしまった方に聞いてみると、選び方にある特徴がありました。業者選びに失敗する原因はどのようなところにあるのでしょう。

 

>>HOME'Sで住宅カタログを徹底比較<無料>

 

失敗例1:大手ハウスメーカーだから大丈夫

 

大手企業に依頼を出せば安心だ!という気持ちは非常にわかります。しかし、大手だからあなたの理想の家が建つとは限りません。大手ハウスメーカーの場合、サポートが手厚かったり、展示場で実際に家の雰囲気を感じられるなどのメリットがあるのですが、その分、人件費や広告費にお金をかけている為、建築費用が高くなりがちです。

 

特に費用面を気にされている方は、大手だから安心だという気持ちで契約をしてしまうと費用面で痛い目をみるでしょう。

 

失敗例2:カタログやパンフレットに騙される

 

情報収拾の段階で、必ず必要なのがカタログやパンフレットなどの資料請求です。カタログ請求の必要性を書いた記事でも紹介していますが、カタログ請求は複数の業者からするようにしましょう。カタログやパンフレットでどんな家を建てるかイメージするのは大事なことです。仮に家を建てなくても家づくりの妄想にカタログはかなり役に立ちます。

 

しかし、カタログやパンフレットに載っている内容は基本的にはメリットしか載せません。業者のデメリットを知らないまま、契約まで進めてしまうと業者選びに失敗してしまいます。パンフレットだけではなく、間取りプランや見積もりをもらって複数の業者と比較するといいでしょう。

 

失敗例3:見積もりの費用だけで業者を選ぶ

 

予算で業者を選ぶ場合でも見積もりだけで業者を決定せず、間取りや担当者との相性、資金計画など幅広い視点で比較して決定するようにしましょう。低予算で家を建てたけど、間取りが使いにくかった、通気性が悪く光熱費が高くなった...などの問題が出てしまったら、余計なお金がかかってしまいます

 

タウンライフというサービスを利用すれば、見積もりだけではなく、間取りプラン、資金計画書、土地探し情報が無料で手に入るので、見積もり以外の比較材料が増えて便利です。

 

失敗例4:テレビCMで見た有名な工務店だから

 

失敗例1と被ってしまいますが、ある程度知名度がある業者に頼めば確かに安心です。詐欺や欠陥住宅が建つリスクは少ないですし、研修を受けた知識豊富な営業マンが担当してくれるので安心感はあります。

 

ただ、テレビCMをかける=広告費をかけて宣伝しているわけですから、その分が建築費用に上乗せされている可能性が高いのです。安心をお金で買うという意味では選択としてアリですが、あなたの理想の家を適切なお金で建てられるか?は別問題なのです。

 

失敗例5:最初から1社に絞って業者を選んでしまった

 

あなたの理想や要望を全部叶えてくれる業者にあたればいいのですが、そうとも限りません。ローコスト、デザイン、耐震性、二世帯住宅、平屋住宅、ZEH住宅...各業者によって得意なジャンル、苦手なジャンルがあるのです。

 

例えば、平屋住宅を建てたい方が、実は平屋を苦手とする業者に頼んでしまったらどうでしょう。費用が余計にかかってしまい、間取りも微妙になってしまうリスクが高くなります。この問題は小さい工務店に限った話ではなく、大手にも同じことが言えます。大手ハウスメーカーにも弱点はありますからね。

 

注文住宅ならどこのハウスメーカーがいいか?

注文住宅ならどこのハウスメーカーがいいか?

 

どのハウスメーカーに依頼をすれば確実なの?という問題ですが、実は答えがありません。その答えは、理想とする家や価格、地域によって変わってくるからです。ローコスト住宅を売りにしている業者に、高級住宅を建てるように依頼しても正直難しいのと同じことです。

 

あなたが家づくりに何を望むか、どんな間取りにするのか、予算はどのくらいか...などをしっかり業者に伝えて、候補を絞っていくしかないです。

 

  • Aさん:●●業者は担当者の対応は素晴らしいけど外観デザインが気に入らない。費用もちょっと高い。
  • Bさん:●●業者は間取りプランがわかりやすい。費用もちょうど良い。
  • Cさん:●●業者は費用は高めだけど、設備のクオリティが高いしデザインも理想通り。

 

このように業者に対する意見、感想が人によって別れるのは、食べログのレビューと似てます。ある人は星5つつけるけど、ある人は星2つというレビューはよく見ますよね?住宅業者や住宅そのものに対する評価はその方の価値観た体験によって差が出るのです。

 

何が言いたいかというと、色んな業者の見積もり、間取り、デザインなどの情報を集め、理想の家を実現できそうか?を考えて業者を選びましょう!ということです。

 

 

-注文住宅で家を建てる

Copyright© 僕の出身は福島県です , 2018 All Rights Reserved.