僕の出身は福島県です

旅行とかき氷とカフェとWEBデザインのブログ

注文住宅で家を建てる

注文住宅のカタログ請求!家を建てる際はハウスメーカーから無料で一括請求

更新日:

注文住宅を建てる際はカタログ請求からスタート

 

注文住宅で家を建てるのは男の夢です。僕も30歳を過ぎてから、マイホームが一つの夢になりました。収入や頭金、家を建てた後の資金計画...などなど、お金関係の問題は山積みなのですが、家を持ちたいと言う願望を持っている方は多いはずです。

 

ただ、「収入が少ない」「頭金がない」「支払いが不安」など、特にお金に関係する悩みがあって、家づくりの一歩が踏み出せないと言う方も多いと思います。実は、ローコスト住宅が登場して低収入、低予算の方でも家を購入できるようになっています(もちろん一定の条件は必要ですけど...)。しかも、最近のローコスト住宅は値段の割に自由で、品質が高い家が多いです。

 

 

非常にもったいないのが、「自分は無理...」と諦めてしまって、中古住宅やマンションに逃げてしまって後悔するといったケースです。全国には何千何万と言う数の注文住宅業者がある訳ですし、住宅ローンが組みやすくなっている背景を考えると、諦めずカタログ・資料請求だけでもしてみるべきです。

 

前ぶりが少し長くなりましたが、この記事では注文住宅で家を建てる第一歩!カタログ・資料請求について紹介していきます。また、大手ハウスメーカーの資料請求ページへのリンクをまとめたコンテンツも用意していますので、気になる業者がいたら資料だけでももらってみましょうね。

 

スポンサーリンク

 

パンフレットは無料で住宅トレンド情報が手に入る

 

注文住宅のカタログはどのハウスメーカーも無料で提供しています。スーモ出している住宅雑誌で有料のものもありますが、基本的には無料で手に入るものと考えて大丈夫です。

 

注文住宅のカタログは、携帯業者が出して入るパンフレットに似てる気がします。携帯電話ほどサイクルは早くありませんが、今最も推して入る商品のデザイン、外観、設備、耐震性、保証内容など..各業者によって打ち出す内容も様々です。

 

昔のカタログを見て業者を選ぶのではなく、必ず最新のカタログを手に入れようね!

 

複数のハウスメーカーのカタログが手に入れば

デザイン、外観、間取り、工法、構造、設備、エクステリア...

 

何となく自分が建てたい家のイメージが湧くと思います。想像で家のイメージを作るよりも、カタログを請求して最新の住宅トレンドを知ることで自分が建てたい家のイメージ像がより具体化するはずです。カタログを貰う=家を建てなければいけないという話ではありませんので、気軽にカタログ請求をしてみるといいでしょう。

 

ハウスメーカーのパンフレット・カタログ請求はこちら

 

自分もカタログ請求しようと色々調べたのですが、どのハウスメーカーもカタログが充実していて、かなりお金をかけている様子でした。カタログはカタログでも、

 

  • 写真多めでデザイン・外観推し
  • 太陽光や通気性推し(ECOやZHE)
  • 間取り推し
  • 耐震性、耐久性推し
  • 住宅の種類推し(二世帯、平屋、輸入)
  • 事例推し(家を建てた方の体験談)

 

など、ハウスメーカーによって推している内容が様々で、色んな角度から自分の理想とする家を想像できるの点がカタログ請求のメリットなのかなと考えてます。

 

ハウスメーカーのリンクを押すと、そのまま資料、カタログ、パンフレット請求ページに飛びます。

 

一気に複数のハウスメーカーからカタログ請求

 

 

ハウスメーカー名 コメント
アイダ設計 充実の設備とこだわりの自由設計で、理想のマイホームを実現してくれます。低所得の家庭でも注文住宅を建てられるという魅力があります。
アイフルホーム 規格化住宅に特化したローコストハウスメーカーです。大量仕入れにより安い価格を実現してます。商品ごと、間取りごとにカタログが豊富に用意されています。
住友不動産 空間の使い方が上手いと定評があります。独自の技術開発で生まれた高い免震性能の家は住宅業者の中でも評価が高いです。最大10冊までカタログを届けてもらえます。カタログのバラエティが豊かです。
タマホーム ローコストの代表格です。大物芸能人を使ったテレビCMもド派手ですよね。年間棟数1万棟を超える建築実績は業界の中でもトップクラスです。カタログの種類が豊富で最大3冊まで申し込み可能です。
アキュラホーム デザイン性の高い住宅を低価格で実現できるハウスメーカーです。日本最大のホームビルダー集団”ジャーブネット”はアキュラホームが主宰しています。カタログは最大3冊まで申し込み可能です。
クレバリーホーム タイル材の外壁がおしゃれで特徴的です。耐久性の高い住宅を建ててくれると好評です。カタログでは実例集の扱いもあるので、他の方の家を参考にできます。
ユニバーサルホーム 地熱床システムが最大の特徴です。光熱費を抑えたエコな生活が実現できます。比較的低コストで健康的で快適な環境の家です。カタログが非常に充実していて1回で4冊まで利用可能です。
エースホーム 地元に長年根付いた工務店が施工、管理をしているハウスメーカーです。耐火性も定評があるため安心です。カタログは商品ごとに用意してあって内容も充実です。
アエラホーム 55周年を迎えたハウスメーカーです。アルミ箔で覆われた高性能断熱材でつつみこんで外張断熱の家を実現しました。カタログはスタイリッシュでかっこいい感じです。
富士住建 高品質で適正価格を謳っているハウスメーカーです。「モデルハウスを作らない。豪華なカタログを作らない」など徹底した費用削減で低コストを実現しています。
一条工務店 アイ・スマートやアイ・キューブなど人気商品多数の工務店です。最高水準の高気密高断熱が売りです。カタログが豊富で間取りプラン集など家づくりの見本になる情報が多数手に入ります。
ウィザースホーム ツーバイシックス工法を採用しています。壁も厚く、堅牢で耐久性の高い住まいづくりを実現しています。クルマ好きのためのガレージハウスなど、ユニークなコンセプトの家も得意です。
東急ホームズ アメリカ式輸入住宅を提供している会社です。デザイン性に優れた本格的な北米式住宅が建てられます。カタログもおしゃれです。
サンヨーホームズ 環境に優しく安全・安心な住まいを 提供するハウスメーカーです。自由度の高い設計が人気ポイントです。
日本ハウスHD 檜の家を前面に押し出しているハウスメーカーです。施工事例集がもらえるので、イメージがつきやすいと思いますよ。カタログ請求でビールプレゼント中。
積水ハウス 数あるハウスメーカーの中でも抜群の知名度を誇る業者です。独自に開発した鉄骨2階建て用構造のユニバーサルフレームシステムが人気です。カタログは合計三冊までもらえます。
トヨタホーム トヨタ自動車の技術が家に詰まっています。トヨタの高い品質の住宅は広い年代から支持を集めています。コンセプト別のカタログが非常に充実しています。
ダイワハウス 国内第二位のハウスメーカーです。CMが特徴的で、知名度もあります。強度のある鉄骨造が支持されています。
三井ホーム 外観デザインが豊富に揃っている。個性的な技術の高さにも定評があります。全国にモデルルームがあるので、実際の雰囲気を味わいたい方は展示場へGO。
セキスイハイム 地球環境に優しく、60年以上安心して生活できる住居を提供しているハウスメーカーです。常に業界の一歩先を行く高性能住宅の開発をしてきました。カタログは合計三冊までもらえます。
ミサワホーム 「蔵のある家」がロングセラーに。収納を増やしながら、生活空間を広げる逆転の発想の家が人気です。カタログは合計三冊までもらえます。
パナソニックホームズ 「強さ」と「暮らしやすさ」のNo.1宣言。そして先進のスマート技術を取り込だ家は広い年代の方に人気です。全83ページの実例集は内容が非常に充実しています。
三菱地所ホーム フルオーダーの自由設計が人気です。空調システム 『エアロテック』が快適な住空間をつくりだしてくれます。
へーベルハウス 30年先、60年先も快適に住み続けられる住宅を提供するため、独自のメンテナンス・点検システムを導入しています。人気の旭化成。
 住友林業 『木の家』を建てたい方におすすめです。自由設計の魅力を活かし、暮らしやすく心地よい住まいを提供しています。
セルコホーム カナダ輸入住宅・注文住宅全国No.1のハウスメーカーです。外観を個性的にしたい方は輸入住宅がぴったりです。カタログの表紙がおしゃれです。
GLホーム LIXILグループのメンバーです。最先端の技術と性能であなたの理想を叶えます。アメリカンライフを日本品質で実現したデザイン性の高い住宅を提供しています。
 ヤマダウッドハウス リーズナブルな価格と長期安心保証が売りです。上質で高級感のある外観が人気です。カタログのお届けまで1週間。
レオハウス 全国での引渡棟数は24,000棟と実績あり。価格は1000万円台からと若者からも強い支持を集めるハウスメーカーです。
R+house デザイン性と機能性を高水準で両立するのがR+houseの特徴です。建築家がライフスタイルや価値観を表現した家を提案。

 

注文住宅のカタログは最新のものを

注文住宅カタログは最新の物を

 

ハウスメーカーや工務店からもらったカタログは最新の物ですか?先述した通り、携帯電話会社が出すパンフレットと似ていて、カタログは新しい商品が出たタイミングでアップグレードされます。できる限り最新のカタログを請求するようにしましょう。

 

注文住宅はその年によってトレンドが変わったり、人気の外観デザインの流行が変わったりします。ファッションに似てます。前回もらったカタログが1年経過しているようなら、再度カタログ取り寄せをしてみてもいいかもしれません。

 

>>無料カタログ請求はこちら

-注文住宅で家を建てる

Copyright© 僕の出身は福島県です , 2018 All Rights Reserved.